その他 ウィーンあれこれ エピソード

復活祭の前の木曜日は緑色?!

復活祭の直前の木曜日は

Gründonnerstag(グリュン・ドナスターク)

という日です。

直訳すると、緑色の木曜日💚

キリストと使徒たちの最後の晩餐を記念する日で、

日本語では「聖木曜日」と呼ばれています。

 

この日、オーストリアでは

ほうれん草を食べる風習があります😋

冷凍食品で有名なIglo(イグロ)のアンケートによると

オーストリア人の52パーセント以上が

この日にほうれん草を食べるそうです❣️

その中でも大部分の人は

Cremespinat mit Spiegelei und Erdäpfeln

ほうれん草クリームに目玉焼きとじゃがいもを

添えた料理を作ります✨

シンプルですが、とても美味しくて

私はこの木曜日以外にもよくいただきます😋

 

さて、どうしてこの日にほうれん草を食べる風習が

あるのでしょうか?

それにはいくつか説があるようですが

ウィーンでもっとも一般的な説をご紹介します。

「グリュン」はもともと

“greinen"(グライネン)という言葉から

きているそうです。

これはweinenやwehklagenなどと似たドイツ語で

「泣く、嘆く、悲嘆の声をあげる」

という意味があります。

時とともに“greinen" が "grün"(緑)になって、

緑色の野菜を食べる伝統がつくられた

ということです😃

興味深いですね❣️

作り方:

玉ねぎをバターで炒めて小麦粉を混ぜ合わせ、牛乳を加えます。そこに、ほうれん草とスープの素、ナツメグ、塩コショウを加えて15分ほど柔らかく煮ます。電動泡立て器でピュレ状にして出来上がり!

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-その他, ウィーンあれこれ, エピソード

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.