舞踏会でのマナー 舞踏会へ行こう

舞踏会での挨拶は、手に口づけを

ハントキス

ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の舞踏会

ウィーンならではの挨拶の仕方に、

”Handkuss”(ハント・クス)があります。

Handは「手」、Kussは「キス」という意味で、男性が女性の手に口づけをする(仕草をする)ことです。

ウィーンでは今でも、ダンススクールや舞踏会などで、男性が女性に敬意を表する挨拶として使われています。

Handkussは、いつでもどこでもして良いものではなく、屋内でのみで行われます。

ダンスレッスンで、または舞踏会で出会った時やダンスの後に、女性を讃える挨拶として男性から与えられるものです。

それでは、Handkussの手順をご紹介します。

女性が手を差し出すかどうか決める

まず男性が女性に対してお辞儀をします。

ここで男性から手を差し出すのはマナー違反です。

女性の反応を待ちましょう。

女性には選択肢が2つあります。

  1. 頷いて答えるだけ
  2. 右手を差し伸べて握手する(手袋をしている場合は、脱かずにそのままで)

1の場合は、女性がボディーコンタクトなしの挨拶を選んだというこのなので、これでおしまいです。男性は堪忍して立ち去りましょう。

男性がHandkussを行うか決める

2の場合は、男性に選択肢が2つあります。

  1. 握手だけ
  2. Handkuss

Handkussは男性から与えられるものです。女性から手の甲を突き出すようにして、キスして〜!と差し出すのは、エレガントではありません。

いよいよHandkuss

男性がHandkussをすることに決めたら、まず握手のように握った女性の手を、甲を上に向けるように、軽く回転させます。

この時点で、女性は男性がHandkussをする意思があることを知ります。

そして、手を少し持ち上げて、お辞儀をしながら、口を手の甲の近くへ持っていきます。

この時、唇は手に触れません!キスする動作をするだけです。そうでないと、女性はHandkussの度に手を洗いに行かなくてはなりませんね。

さて、Handkussの後に女性の表情を見て、輝いていたら、上手くできた証拠です。

そうでない場合は、もう少し練習が必要かもしれません。

Handkussで注意すること

いろいろな映画の中でHandkussのシーンがありますが、正式なスタイルはなかなか見られません。

例えば、目を最初から最後まで合せているのは、カエルのように見えてしまって可笑しいです。

視線は、Handkussの前と後に合わせます。

さらに、次の注意点にも気をつけましょう:

  • 両足を揃える(ひざまずく必要はありません)
  • 左手は身体の横に下ろす(背中の後ろに置かないように)
  • 口で”チュー”っと音を出さない
  • 急がないでゆったりと

女性がHandkussを断りたい時

男性の口がケチャップで汚れていたり、ガムを噛んでいたり、何らかの理由でHandkussされたくないと思うこともあるでしょう。そこで手をサッと引いてしまうのでは、失礼にあたります。

そういう時は、男性が手を回転させた時点で、下へ押し返します。そうすれば、他の人に気づかれることなく、握手だけで済ますことができます。

さいごに

どの女性もHandkussをされると嬉しいものです。せっかくの舞踏会、勇気を出してHandkussをして女性を喜ばせましょう。

Gutes Gelingen! 成功をお祈りしています。

動画プログラム「ダンスが上手くなる3つのポイント」無料プレゼント中!

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-舞踏会でのマナー, 舞踏会へ行こう

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.