その他 ウィーンあれこれ ウィーンのダンススクール エピソード 舞踏会へ行こう

1879年の舞踏会

オーストリアのダンス・スクールの
高校生と大学生のクラスでは
ダンス・パートナーは必要ありません。
それぞれが一人で申し込みます。

レッスンの始めに
その日のパートナーを選び
次の週はまた別の人と踊ることになる訳です🎵

レッスンの開始時刻になると
ダンスの先生がフロアに入ってきて
生徒たちに、男女が左右に分かれて
一列に並ぶよう伝えます。

そして挨拶をして、
「さぁ、男性の皆さん、
女性をダンスに誘ってください!」
と言うと、男性の列が女性の方へ
ワーっと押し寄せます🚀

ときには
Damenwahl(ダーメン・ヴァール)と言って
女性が男性を選ぶこともあります💓

同じように、舞踏会でも、
知ってる人でも、知らない人でも
ダンスに誘うことができます。

石版画 "Uns're amusanten jungen Herren"
📸 (c) Archiv der Gesellschaft der Musikfreunde in Wien

ウィーン楽友協会の資料館に
1879年に描かれた舞踏会の絵が
保管されています。

その題名は
„Uns're amusanten jungen Herren"
(私たちのおもしろい若い男たち)

そこには、踊り疲れてしまった男たちと、
ダンス相手のいない女性たちが
仕方なく女同士で踊る様子が
描かれています😄

それから143年経った今でも
舞踏会やダンス・スクールでは
同じ光景が見られます✨

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-その他, ウィーンあれこれ, ウィーンのダンススクール, エピソード, 舞踏会へ行こう

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.