その他 ウィーンあれこれ エピソード ダンス

ヴィクトリア女王とヨハン・シュトラウス

先日の投稿で、ダンスの際に白い手袋をするのが

ヴィクトリア女王時代のイギリスから

ウィーンへ伝わったことを取り上げました。

イギリスからオーストリアへ伝わったダンスの手袋

 

そのヴィクトリア女王が

18歳にして女王になり、

ドイツの王子

アルバート・オブ・サクス=コバーグ=ゴータ公子と

結婚に至ったまでを描いた映画があります。

”Mädchenjahre einer Königin” 

日本名「女王さまはお若い」という映画です。

製作・公開された1954年は

ヨハン・シュトラウス1世の

生誕150周年という記念の年で、

彼の子孫である

エドゥアルト・シュトラウス2世が

その役を演じました。

劇中音楽として

シュトラウス1世の代表作

『ローレライ=ラインの調べ』が

使われています

ドーバーの宿屋で

正体を明かさずに滞在していた

ヴィクトリアとアルバートが偶然出会い、

一目見てお互いに惹かれ合います。

そこには、翌日開催される

ヴィクトリアの誕生日舞踏会に招待されていた

ヨハン・シュトラウスも

音楽家仲間たちと滞在していて、

食堂で彼らがワルツを演奏し始めると

アルバートはヴィクトリアに

ワルツの踊り方を教えます。

そして、相手が誰か知らないまま

二人は恋に落ちます。

翌日の舞踏会で

再会する二人・・・

ロマンチックですね!

衣装や音楽も素敵で楽しめますので

ぜひご覧になってみてください。

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-その他, ウィーンあれこれ, エピソード, ダンス

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.