その他 ウィーンあれこれ

今が旬!オーストリア人が大好きなキノコ

アイアーシュヴァンマル

ウィーンのスーパーやレストランに

そろそろ登場し始めたのが

アイアーシュヴァンマル(Eierschwammerl)

というキノコです。

お隣ドイツでは

Pfifferlingという名前だそうです。

日本名はアンズタケ。

新鮮なものは

アンズのような香りがすることから

この名がついています。

卵の黄身のような色で

しっかりした歯応えがあり

とても美味しいです。

採れる時期は夏の短い期間なので

皆が毎年とても楽しみにしています。

自分で採集に行く人もいますが、

アイアーシュヴァンマルは貴重になってきたため

自然保護の対象となっており、

オーストリアでは州ごとのキノコ保護法で

「家庭用に採る場合は一人につき2キロまで」

など、規制があるそうです。

アイアーシュヴァンマルと卵の炒め物 Geröstete Eierschwammerl mit Ei

料理の方法はいろいろあって

卵と一緒に炒めたもの、グーラシュ、

クリームソース、コルドン・ブルーなどがあります。

レストランのメニューには

”アイアーシュヴァンマル・メニュー”

というページが加わります。

夏にオーストリアへお越しの際は

ぜひ試してみてください!

アイアーシュヴァンマルのメニューの例

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-その他, ウィーンあれこれ

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.