その他 ウィーンあれこれ エピソード

ウィーンのお役所

オーストリア放送ORFのテレビドラマ”MA2412"

 

1998〜2002年にオーストリア放送ORFで

"MA 2412”というテレビドラマがありました🎬

"MA“ エム・アーは Magistrat (役所)の略で、

部署によって番号が付けられています。

 

このMA2412は仮想の役所で

クリスマスの装飾の規制を担当しています

(番号は12月24日からきている訳です)😄

このシリーズでは

ウィーンのお役所の実情が

面白おかしく描かれています。

Beamter(公務員)お役人たち

 

お役所がきちんと機能しないのは

今でも健在で、

私自身も、ビザの更新手続に

8ヶ月も待たされました。

ビザなどの移民担当は

”MA35“。

問い合わせの電話が繋がらないようにしている、

という事実が発覚して

ニュースにもなりました🤦🏻‍♀️

 

そういえば、オペレッタ「こうもり」でも

刑務所の看守フロッシュが

「お役人」の冗談を言って

観客を笑わせるシーンがありますね😆

 

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-その他, ウィーンあれこれ, エピソード

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.