その他 ウィーンあれこれ エピソード

ウィンナー・コーヒーはウィーンに存在しない?

アインシュペンナー

ウィーンといえばコーヒー文化。

カフェに行くと、何種類ものコーヒーがあって、どれにしようか迷ってしまいます。

日本には、「ウィンナーコーヒー」と呼ばれているものがありますね。

コーヒーの上にホイップクリームを載せたものが一般的だと思います。

実は、ウィーンでウィンナーコーヒー(Wiener Kaffee)という名前のコーヒーは、存在しません。

ホイップクリームが載っているコーヒーは、Einspänner (アインシュペンナー)と言います。

アインシュペンナーは『馬車』の意味で、Mokka(モカ)コーヒーの上にSchlagobers(ホイップクリーム)を
たっぷり載せたものです。

どうしてコーヒーに馬車の名前が付いたかというと、次のような背景があります。

馬車の御者は、冬の寒い日も、いつ来るかわからないお客さんを馬車の上で待っていました。

そこで登場したのが、アインシュペンナー!

ホイップクリームで『ふた』がしてあるので、コーヒーがなかなか冷めなかった、という利点がありました。

その上、もしお客さんが来て、急いで飲み干さなければならなくなっても、冷たいクリームをコーヒーと混ぜれば、すぐに飲める温度になるわけです。

面白いですね!

あなたもそんな風景を思い浮かべながら、コーヒータイムを楽しんでみてください♪

 

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-その他, ウィーンあれこれ, エピソード

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.