ウィーンあれこれ エピソード

幸運を呼ぶ煙突掃除屋さん

ウィーンでは、年に少なくとも一回

煙突掃除屋さん(Rauchfangkehrer)が

煙突とボイラーの点検に来ます。

煙突掃除屋さんたちは黒い特別の服を着ているので

見たら一目でわかります。

そして、彼らに遭遇したら

洋服のボタンをつかむと

幸運を呼ぶといわれています。

 

煙突掃除屋さんは

とても古くからある職業で

今でもマイスターの制度があります。

人々の安全を担う職業だけあって

マイスターになるのは

とても難しいそうです。

数年前までお世話になっていた煙突掃除屋さんは

サンタクロースにそっくりな

マイスターでした。

その父親のあとを継いで

娘さんが女性煙突掃除マイスターになったそうです✨

今お世話になっているマイスターは

煙突掃除屋さんにはめずらしく

大学にも通ったアカデミカー。

「お元気ですか?」

「困ったことはないですか?」

と、いつも優しい言葉をかけてくれます。

点検が数分で終わってしまうと

「また来年ね〜!体に気をつけてね〜」

と言ってくれて

心があたたまり、なんだか

本当に御利益がありそうです!

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-ウィーンあれこれ, エピソード

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.