その他 ウィーンあれこれ エピソード

オーストリアのスーパーマーケット”BILLA”をつくった人~ピアニストから大富豪へ〜

オーストリアのスーパーマーケットの一つ

BILLA(ビラ)を立ち上げたのは

ウィーン生まれのカール・ヴラシェクさん

(Karl Wlaschek 1917-2015) でした。

ウィーン工科大学で化学を勉強した後

第二次世界大戦に徴収されて従軍し、

戦後は

”チャーリー・ウォーカー”という偽名を使って

バー・ピアニストとバンドリーダーとして

働いていました。

 

彼の夢は、自分のダンス・カフェ

(Tanzcafe’ タンツ・カフェ)を

オープンすること。

しかし、資金が足りず、

実現できませんでした。

 

そこでヴラシェクは、ウィーンに

ディスカウントの化粧品・香水店をオープンし

45店舗を持つまでに成長させます。

そして、そのコンセプトを食料品の販売に応用し、

さらにセルフサービスのシステムを導入して、

お店をビラ BILLA(Billiger Laden = より安い店)

と名付けました。

1996年には、ビラをドイツのREWE(レーヴェ)に売却。

ピアニストから億万長者になった彼の物語は

オーストリア人の間ではよく知られています。

ヴラシェクは生涯に5回結婚しているそうです。

„Beim G’schäft bin i guat, bei de Weiber bin i a Depp.“

(僕は、ビジネスにおいてはgoodだけど

女性に関しては、とんまだ)

というコメントを残しています。

ウィーン1区の、高級感のあるビラ”コルソ”

アンカー時計のそばにも

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-その他, ウィーンあれこれ, エピソード

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.