ウィーン国立歌劇場 コロナウィルス

2022年のオーパンバルも中止

オーパンバル上から

ウィーン国立歌劇場が主催する舞踏会、
Opernball オーパン・バル・・・
皆が憧れる舞踏会の一つです。

今シーズンは、2022年2月24日に
予定されていましたが
今日、その中止が発表されました。

前回に引き続き、2年連続での中止です。

 

興味深いことに、オーパン・バルの開催は
法律で義務付けられているそうです。

中止を決定できるのは、連邦政府だけ。
国に守られている舞踏会です。

 

オーパンバルの伝統は
ウィーン会議(1814〜15)の時代まで
さかのぼります。

この政治的な出来事に合わせて
宮廷歌劇場の芸術家たちは
ダンスのイベントを開催しました。

会議が一向に進まなかったため
「会議は踊る、されど進まず」
と評されたのが、有名ですね♪

今の国立歌劇場で開催されるようになったのは
1877年から。

ヨハン・シュトラウス2世も
指揮台に登場しました。

1918年第一次世界大戦に敗戦して
ハプスブルク帝国が崩壊した後も、
すでに1921年には
舞踏会が開催されるようになりました。

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-ウィーン国立歌劇場, コロナウィルス

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.