ウィーンあれこれ ウィーン国立歌劇場 オペラ・コンサートでのマナー マナーの歴史 舞踏会でのマナー 舞踏会での服装 舞踏会へ行こう 街中でのマナー 観光客の参加

ソーセージを手づかみで食べても良い?!

舞踏会で出される軽食の中で

一番人気なのは

なんと言っても

Frankfurter 

フランクフルター・ソーセージ です。

 

日本でも愛されるエリザベート(シシー)の夫

皇帝フランツ・ヨーゼフも

好んで食しました。

 

それもなんと、

手づかみで!

 

皇帝が手で持って食べた日から

手づかみで食べても良いことになった食べ物は

いくつかありますが

ソーセージはその一つです。

Sacherwürstel mit Kren, Senf und Semmel

舞踏会の会場内に設置されたバーでも

ドレスや燕尾服の人々が

手づかみでソーセージとセンメル(パン)を

ほおばっています。

※ 舞踏会のテーブル席、レストランやカフェでは、

ナイフとフォークが出されますので

それを使っていただきます。

 

フランクフルターが舞踏会で人気である

一番の理由は

「服を汚さずに食べられるから」。

舞踏会では

男性は燕尾服やタキシード

女性はイブニング・ドレスを着ていることが

ほとんどなので

服を汚さないで

簡単に食べられるソーセージは

とても便利というわけです。

直径が小さいので、茹で時間が短くて済むのも、舞踏会で出される理由の一つです。

舞踏会が開催される夜は

会場となる王宮(ホーフブルグ)やウィーン国立歌劇場の

すぐ近くにあるソーセージ・スタンドでも

この光景が見られます。

外の空気を吸いたい人や

あまりお金をかけたくない若者たちは

舞踏会を抜け出して

コートをはおって

スタンドでソーセージを楽しみます。

ソーセージスタンドに群がるオーパンバルの客たち。歌劇場裏のスタンドにて。

また、オペラ公演の休憩中にも

歌劇場内、または外のスタンドで

ソーセージを食べるのを楽しみにしている観客が

たくさんいます。

ウィーンへお越しの方は際は

ぜひお試しください!

オーパンバルで出されたホットドック

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-ウィーンあれこれ, ウィーン国立歌劇場, オペラ・コンサートでのマナー, マナーの歴史, 舞踏会でのマナー, 舞踏会での服装, 舞踏会へ行こう, 街中でのマナー, 観光客の参加

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.