ウィーン国立歌劇場 エピソード

オーストリア人音楽家が日本で待たせた人

ウィーン音大でオペラの授業を
受け持っていたライトナー先生は

若い頃、ウィーン国立歌劇場で
コレペティトゥーアとして働いていて
海外ツアーにも同行しました。

レッスンの合間や、ランチの最中に
ある日本公演でのエピソードを
何度も話してくれました。

その日の演目は、モーツァルトの
「フィガロの結婚」

「フィガロの結婚」の舞台

ライトナー先生は
チェンバロ担当でした。

休憩の後、第3幕は
レチタティーヴォで始まるので
チェンバロが無いと幕を上げられません。

ライトナー先生は
日本の狭いトイレに慣れなくて
なかなか時間がかかってしまったそうです

その上、
バックステージは迷路・・・

オーケストラ・ピット

やっとのことで
オーケストラ・ピットにたどり着くと

オーケストラ奏者も指揮者も
すでにスタンバイして

まだかまだかと
チェンバロ奏者の到着を待っていました。

ライトナー先生が申し訳なさそうに
チェンバロの前に座ると

指揮者のカール・ベームが
叱りつける代わりに一言:

Der Kaiser wartet !!!
デア カイザー ヴァルテット!!!
天皇陛下がお待ちだ!!!

オーストリア人指揮者カール・ベーム

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-ウィーン国立歌劇場, エピソード

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.