その他 エピソード

日本スキー発祥の父レルヒ少佐

オーストリアの学校では

2月に、Semesterferien
(ゼメスター・フェーリエン)という
学期と学期の間の休暇があります。

この休みの間に
ほとんどの人がやること、
それはスキー!

2月になると
「スキーに行く?」
「スキー行った?」
という会話が
挨拶代わりに交わされるほどです。

ところで、
明治時代に日本にスキーを伝えた
オーストリア=ハンガリー帝国の
軍人をご存じですか?

彼の名は
Theodor Edler von Lerch
テオドール・エードラー・フォン・レルヒ
(1869-1945)

レルヒ少佐

当時はオーストリア=ハンガリー帝国だった
現在のスロバキアの首都ブラチスラヴァで
生まれました。

士官学校を卒業した後
山岳地帯で行われていたスキー訓練に
興味を持つようになり

スキーの研究に
情熱を注ぎました。

1910年に来日し
日本軍のために
スキーの指導を行いました。

新潟県のゆるキャラ
「レルヒさん」としても
有名ですね!

ウィーン商工会で開催されたイベント「日本フォーラム」にレルヒさんが登場

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-その他, エピソード

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.