その他 エピソード ダンス マナーの歴史 舞踏会での服装

イギリスからオーストリアへ伝わったダンスの手袋

ウィーン会議のあと

19世紀のイギリスでも

ワルツが流行していました。

しかし、背中の開いたドレスを来た女性の背中を

男性が素手で触ることは

当時まだタブーで大問題でした!

そこで女王ビクトリア(在位:1837年-1901年)は

「手袋をすれば」という条件で

ワルツを踊る許可を出します。

それが、フランス、そして

ハプスブルク帝国にも

伝わっていきました。

ウィーンフィルの舞踏会でのデビュタント

現在は、普段のレッスンで手袋を義務付けることは

少なくなりましたが

手袋をしていれば、衛生的ですし

汗をかいても不快でないので

続けているところもあります。

オーストリアの舞踏会の

オープニングセレモニーでデビュタントとして

ダンスを披露する若い男性たちには

手袋の着用が義務付けられていることが多いです。

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-その他, エピソード, ダンス, マナーの歴史, 舞踏会での服装

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.