ウィーンのダンススクール エピソード ダンス

嬉しい瞬間

社交ダンスを教えていて

嬉しい瞬間はたくさんあります。

今回はその一つを

お話ししたいと思います。

 

秋から高校生クラスに通う

ある15歳の女の子は、

いつも無表情で

他の生徒さんたちと話すこともなく、

ただ毎週のレッスンに来て

帰っていくということを

繰り返していました。

高校によっては

学年丸ごとダンススクールに通うところも

あるのですが、

彼女の学校からは

彼女一人しかいないようです。

数ヶ月経った頃には

少しずつ友達ができて、

レッスンの前後に

おしゃべりするようになっていました。

そして徐々に

笑顔が見られるようになり、

ついに、ダンスしながら

相手の男の子とおしゃべりして

大声で笑うところを目撃!

私は嬉しくて、ひそかに

ウルウルしてしまいました・・・。

ウィーンフィルの舞踏会でのデビュタント

別の高校生クラスの女の子が

インスタグラムに投稿したのは

「ウィーンの若者の2人に1人が

自殺を考えたことがある」

という記事でした。

ダンスが少しでも助けになれば

と願います。

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-ウィーンのダンススクール, エピソード, ダンス

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.