ウィーンあれこれ エピソード

ある行進曲が生まれた背景を描いた映画

Die Deutschmeister

プラーターでのデート中に行進曲のメロディーが浮かびます

 

士官学校の舞踏会でも見られるように

士官たちが音楽を演奏するのには
長い歴史があります。

特に有名なのが
1696年に設立された連隊
k.u.k. Hoch- und Deutschmeister Nr. 4
カー・ウント・カー(オーストリア帝国および
ハンガリー王国のという意味)
ホッホ ウント ドイチュマイスターです。

この連隊のカペルマイスター(楽長)を務めた
Wilhelm August Jurek
ヴィルヘルム アウグスト ユレック(1870-1934)は

作曲家でもあり、
300曲以上の管弦楽曲や歌曲、
そしてダンス音楽を作曲しました。

彼が1893年に作曲した行進曲
Deutschmeister-Regimentsmarsch
(ドイチュマイスター・レギメントマーシュ)は
とても有名です。

この行進曲が作曲された背景を
描いた映画が
1955年に放映された
“Die Deutschmeister”
(ディー・ドイチュマイスター)

音楽はもちろん
ウィーンの街やプラーター、
シェーンブルン宮殿の風景も
楽しむことができるので
とてもおすすめです!

Deutschmeister

シェーンブルン宮殿

Deutschmeister

シェーンブルン宮殿での晩餐会

Die Deutschmeister

ウィルヘルム2世がウィーンのパン"Salzstangerl"をほめます

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-ウィーンあれこれ, エピソード

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.