エピソード ダンス

ウィーンでワルツ文化を築いた2組の親子〜ヨハン・シュトラウスとラーベンシュタイナー〜

Zum Sperl

ウィーン2区にあったダンスホール”シュペール”

ウィンナ・ワルツの作曲家といえば
真っ先に名前が上がるのが
ヨハン・シュトラウス親子だと思います。

それぞれ
「ワルツの父」「ワルツ王」
と呼ばれていますね。

しかし、
ワルツやギャロップなどのダンス音楽や
舞踏会の発展に寄与した
もう一組の親子については
あまり知られていません。

その名はラーベンシュタイナー。

ラーベンシュタイナー

ラーベンシュタイナー

父親のフランツ・ラーベンシュタイナー
(1810-1859)は、まずダンサーとして
ケルントナートーア劇場の舞台に立っていましたが
そのうち2区にあったダンス・スクールで
ダンス教師になります。

その頃、ヨハン・シュトラウス(父)や
ヨーゼフ・ランナーらの小さなオーケストラは
今のウィーン2区にあったシュペール、オデオン、
3区のソフィエン・ザールなどで開催されていた
ダンス・パーティーで演奏していました。

参考:シュペールのために作曲されたギャロップ

「シュペール・ギャロップ」

Johann Strauss Vater

ヨハン・シュトラウス(父)

シュトラウスは、
親友のラーベンシュタイナーに
ダンスの振り付けを頼んで
それは大成功を収めました。

シュトラウス家とラーベンシュタイナー家は
とても仲が良く、
シュトラウスはラーベンシュタイナーの子供たちの
洗礼の代父を務めるほどだったそうです。

息子のエドワード・ラーベンシュタイナー
(1839-1905)もタンツ・マイスターとして
1855に父からダンススクールを継ぎ、

ヨハン・シュトラウス(子)が指揮する
舞踏会での振り付けを担当しました。

ウィーンのダンス音楽と舞踏会は
この2組の親子によって築かれた
と言っても過言ではないでしょう。

ソフィエン・ザール

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-エピソード, ダンス

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.