その他 ウィーンあれこれ エピソード

ワルツ「美しく青きドナウ」が初演された場所〜フォルクスガルテン〜

フォルクスガルテンは、ウィーン1区の

王宮とブルク劇場の間に位置する公園です

(直訳すると、Volk 国民 の Garten 庭園)。

1823年に、ウィーンで最初に

貴族だけではなく、誰でも入れる公園として

オープンしました。

当時は、現在のようにバラではなく、

ライラックやシャクナゲのような種類が

植えられていたそうです。

第二次世界大戦後になって

豪華なバラ園が作られました。

現在、約200品種、

3000本のバラが植えられています。

その中には

とても古い品種もあります。

例えば

1859年 - Rubens ルーベンス

1913年 - Perle vom Wienerwald ウィーンの森の真珠 

1919年 - Jean C.N. Forestier

などが見られます。

フォルクスガルテンにあったカフェ

オープン当時には公園内に

コルティッシェス・カフェーハウス

(Cortisches Kaffeehaus)という

テラス席とダンスフロア付きの

カフェが建っていて

そこでヨハン・シュトラウス1世

ヨーゼフ・ランナーらが

演奏していました。

そして、1867年3月10日には

ヨハン・シュトラウス2世

ワルツ「美しき青きドナウ」(管弦楽版)の初演を

指揮しました。

大戦の爆撃で大きな被害を受けて取り壊され、

今はモダンな建物のカフェ・レストラン

フォルクスガルテン・パビロン、

ピザ屋さんのPizza senza Danza、

そしてディスコが建っています。

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-その他, ウィーンあれこれ, エピソード

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.