ウィーンのダンススクール

エルマイヤーダンススクールの歴史

今回はエルマイヤーダンススクール創立のエピソードを紹介します。

ヴィリー・エルマイヤー・ヴェステンブルックは、1885年生まれ。幼い頃から士官学校で学び、障害馬術競技で何度も優勝するほどの名騎手でした。当時、オーストリア帝国軍は、”世界で一番美しい軍隊”として有名で、士官学校ではダンスの授業が義務付けられていました。ヴィリーはそこで初めてダンスと出会います。教えていたのは、Eduard Rabensteiner(エドワード・ラーベンシュタイナー)。ワルツの作曲家として有名なヨハン・シュトラウスと組んで、たくさんの舞踏会を催していたダンス教師です。

1914年に第一次世界大戦が勃発。ヴィリーは騎兵大尉として従軍しました。そしてオーストリア・ハンガリー帝国は崩壊します。皇帝とともに戦った何千もの兵士が、職もお金も、人生の目的も失い、ウィーンの街にあふれていました。彼らの問いは皆同じ、

『どの職業だったら就けるだろうか?』

多くの元兵士はその答えを見つけることができませんでした。人生に希望を持てずに、銃弾を頭に撃ち込む者も多かったといいます。ヴィリーも、考えます。士官としての名誉規範があって、どの職業でも就けるというわけではありません。

『ダンスの教師? いや、元士官がなれるわけがない。世間にどんな目で見られるだろうか・・・』

ウィーンにはすでにいくつものダンススクールがありました。

『リスクが大きすぎるのでは? お金もないし・・・』

父親は病気を患い、母親も視力を失い、戦時国債として預けたお金も全て失っていました。それらの心配を乗り越えて、ヴィリーは決断します。

1919年に、パラヴィチー二家の館の厩舎を改築して、ダンススクールをオープン。1966年に亡くなるまで、ダンスと馬術を教え続けました。

 

ヴィリー・エルマイヤーが本の最後に記した言葉:

Mein großer Wunsch ist, dass die Harmonie des Zusammenlebens fortgesetzt wird.

Nicht nur auf dem Tanzparkett - auch draußen im Alltag.

(私の大きな願いは、人と人との間の美しいハーモニーが、いつまでも続くこと。

ダンスフロアの上だけでなく、日々の生活の中にも。)

引用元:〜Vom Sattel zum Tanzparkett〜  (馬上からダンスフロアへ)

Die Lebensgeschichte meines Großvaters Willy Elmayer (祖父ヴィリー・エルマイヤーの人生)

Thomas Schäfer-Elmayer, Herausgeber (発行者 トーマス・シェーファーーエルマイヤー)

Harmonie (ハーモニー):調和、融和。

音楽を演奏する上でも、ダンスをする上でも、一番大切なことですね。

 

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-ウィーンのダンススクール

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.