舞踏会での服装

ウィーンでタキシード・燕尾服を買おう!

ウィーン滞在中に、舞踏会へ招待されたり、舞踏会のチケットが手に入ったら、まず舞踏会で着るものを準備しましょう!ウィーンのほとんどの舞踏会では、女性は「ロングドレス」、男性は「タキシード」か「燕尾服」と指定されています。ここでは、ウィーンで評判の、タキシードや燕尾服を扱っているお店を、いくつかご紹介します。

舞踏会の服装マナー:ドレス?燕尾服?タキシード?

ウィーンで舞踏会のドレスを購入!私のオススメショップ

 

オペラ座の裏にある専門店

Frack & Co

HANUSCHGASSE 3
1010 WIEN

ウィーン国立歌劇場裏に、ウィーンで一番有名なWuerstelstand(ソーセージの売店)があります。その通りの左側にこのお店があります。

タキシードと燕尾服はもちろん、モーニングや音楽家専用の燕尾服も取り扱っています。

ドレス、タキシード、燕尾服のレンタル

ケルントナー通りにある大型デパート

Peek&Cloppenburg

Kärntnerstraße 29, 1010 Wien

開店時間 月〜金 10:00 - 20:00、 土 10:00 - 18:00

https://www.peek-cloppenburg.com

比較的リーズナブルなものも置いてあるので、特に若者に人気です。

Steffl

Kärntnerstrasse  19, 1010 Wien

https://www.steffl-vienna.at

たくさんのブランドを扱っているデパートです。

専門店

Flossmann

Riemergasse 11, 1010 Wien

flossmann.at

建物の中に入っていって、エレベータで2階に上がったところに入口があります。

比較的リーズナブルで、なんでも揃います。オーストリアの民族衣装もあります。

3区にある1920創業の紳士服店

Teller

Landstraßer Hauptstraße 88, 1030 Wien

https://www.teller.at

地下鉄U3のRochusgasse駅から歩いてすぐ。ベテランの販売員が、テキパキと合わせてくれます。

グラーベンにある1858創業の最高級紳士服店

Knize

Graben 13, 1010 Wien

https://knize.at

とても古い建物の中にあるお店に入ると、1858創業の歴史を感じられます。

サービスも商品も(お値段も!!)最高級。世界中の貴族や王族からも注文があるそうです。

 

以上、ウィーンでタキシードや燕尾服を扱っているお店のいくつかをご紹介しました。

どのお店も、素晴らしい技術を持つテーラーさんがスタンバイしています。

もしお急ぎの場合は、交渉次第で間に合わせてくれることがほとんどですので、諦めずに問い合わせてみてください。

舞踏会でよく踊られるダンスのランキング

 

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-舞踏会での服装

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.