その他 舞踏会へ行こう

舞踏会は貴族のものではない?!

ウィーンフィル舞踏会アーカイブ

 

「ウィーンの舞踏会は未だに貴族のもので、貴族出身か億万長者でないと舞踏会には参加できない」

と思っている方が多くいらっしゃるようです。

それは間違いです。

誰でも舞踏会に参加できます。

 

それに、現在のオーストリアに貴族はいません。

貴族の家系の子孫はいますが、貴族だと名乗ることはオーストリアでは禁止されているんです。

 

オーストリア=ハンガリー帝国が1918年秋に崩壊した後、1919年4月3日に、国民議会によって

「貴族廃止法」(ドイツ語で Adelsaufhebungsgesetz

が、「ハプスブルク法ハプスブルク=ロートリンゲン家の国外追放と財産没収に関する法律)」とともに可決されました。

Adel はドイツ語で貴族、Aufhebung は廃止、Gesetz は法という意味です。

 

「貴族廃止法」の中には、

  1. 姓の前に貴族であることを示す「フォン」(ドイツ語で von )を名乗ってはいけない
  2. Edler(爵位)、 Erlaucht(伯爵)、 Hoheit(殿下)などの称号・敬称を使用してはいけない
  3. 紋章、家紋を使ってはいけない
  4. Ritter(騎士)、Freiherr(男爵)、Graf(伯爵)などの貴族の称号を使用してはいけない

などの条項があります。

つまり、オーストリア国内では、貴族と名乗ってはいけないということです。

 

舞踏会は誰でも楽しめます。

格式張ったものでも堅苦しいものでも全くありません。

ぜひ気軽に訪れてみてください!


関連記事:

観光客でも舞踏会に参加できる?!

オーストリアの民族衣装を着る舞踏会

舞踏会の一夜のスマートな過ごし方

 

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-その他, 舞踏会へ行こう

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.