ビジネスエチケット マナーの基本 挨拶、紹介のマナー

電話のマナー:何時にかけても良い?

仕事上でもプライベートでも、欠かせない電話。ここでは、電話のマナーをまとめました。

携帯電話のマナー

  • 食事などの際に携帯電話をテーブルの上に置くのはマナーとして良くありません。
  • 催し物や公的な集まりで着信音が妨げになってしまうようなときは、必ず電源を切るか、音が鳴らないようにしましょう。
  • 人と会う時、注意は全て相手に向けられるべきですよね。携帯電話を気にしながら話すのは大変失礼です。

何時に電話しても良い?

  • 可能であれば、電話する時間を約束しましょう。例えば、「12時前は都合が悪い」 "Bitte nicht vor 12 Uhr" と伝えたり、「何時以降なら電話しても良いですか?」”Ab wann darf ich anrufen?” というように聞いてみましょう。
  • 一般的には、午前9時から11時半までと、午後3時から6時頃までが良い時間です。オーストリアでは、お昼休みは静かに過ごします。お昼寝をする人もいますので、電話の音で起こしてしまうかもしれません。
  • 20時以降に電話するのは、緊急時以外は避けましょう。

電話を受ける際のポイント

  • 固定電話で受ける場合で、相手が誰かわからないときは、自分の名前を名乗って、挨拶をします。例えば、"Tanzschule Elmayer(会社名), Leitner(名前), Grüß Gott!" というふうに言います。
  • 相手がわかっている場合は、普段その人と会ったときにするのと同じやり方で挨拶しましょう。

ドイツ語の二人称SieとDuの使い分け

  • 予定があって話す時間がない時など、電話を続けられない場合は、後でかけないしても良いか聞きましょう。”Darf ich bitte später zurückrufen?”
  • 電話をかける側も、相手の迷惑にならないかどうか、最初に聞いてみると良いですね。”Störe ich gerade?” ”Hast du kurz Zeit?”
  • 顔は見えなくても、声で表情がわかってしまうものです。電話に出る前には、笑顔を忘れずに!

 

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-ビジネスエチケット, マナーの基本, 挨拶、紹介のマナー

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.