マナーの基本 教会や病院でのマナー

病院へお見舞いに行く時のマナー

入院している友達や上司・同僚などをお見舞いに行く際のマナーを確認しましょう。

事前にしておきたいこと

  • お見舞いに行っても良いか、何時ころが都合が良いかなどを聞きましょう。事前に伝えずに、急に行っては迷惑になってしまうかもしれません。
  • 一度に大勢で押しかけるのは迷惑です。多くても3人までで行きましょう。

病室で気をつけたいこと

  • 部屋に入る前に、携帯電話・スマートフォンの電源を切りましょう。
  • 入院している方とは、ある程度の距離を保つようにします。
  • 頬を近づける挨拶(ウィーンではフランス語でAccoladeと言います。またはドイツ語でBussi-Bussi)や、頬に口付けをする挨拶(ウィーンではフランス語でLa biseと言います)は、避けましょう。
  • 長居は禁物ですが、短すぎるのも失礼です。入院している方が疲れていないか、具合を見て判断しましょう。
  • ベットの上に腰を下ろしてはいけません。椅子に座りましょう。

何を持っていったら良い?

  • 入院している方に食べ物や飲み物を持っていくのは、禁じられていることがありますので気をつけてください。入院している方からのリクエストがあれば、是非持っていきましょう。
  • お花を持っていく場合は、鉢植えではなくて、切り花に限ります。匂いが無いもの、または強くないものにしましょう。色は一色だけより、ある程度カラフルな花束の方が良いです。
  • 雑誌や新聞は、本人の趣味や好みに沿うものであれば、大変喜ばれます。または、iPadやKindleなどでの読み物、オーディオブック、CDなどもおすすめです。

何をお話ししたら良い?

  • ポジティブなテーマや、面白いこと、楽しいことを話しましょう。
  • 入院している方が考え込んでしまうような内容は避けましょう。

パーティーに招待されたら、何をプレゼントに持って行くべき?

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-マナーの基本, 教会や病院でのマナー

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.