テーブルマナー 招待する・される

テーブルセッティングのマナー:テーブルクロスは必要?サラダはどこに置く?

ウィーンでは、自宅に招待したり招待されたりする機会がとても頻繁にあります。

家族や友達、会社の同僚、ご近所との付き合いはとても大事にされ、クリスマスやイースター、誕生日などのパーティーが企画されます。

会社の上司に「週末にうちへどうぞ」と言われたら、それは心からの好意で、冗談や口先だけの親切などではありませんので、喜んで承諾しましょう。

同じ人からの招待を何度も断るのは良しとされていません。また、一度招待されたら、次は自分が招待しましょう。

 

テーブルセッティングのマナーは、大きく分けて2つに分けられます。

  1. 朝食やティータイムなどの、気軽でシンプルなもの。
  2. 昼食や夕食、もっと大掛かりな食事。

この2つを詳しくみていきましょう。

 

Das kleine Gedeck (小さなテーブルセッティング)

ザッハートルテ

ザッハーホテルのザッハートルテ

具体的には、朝食、またはコーヒーとケーキだけでの招待がこれに当たります。

テーブルクロスがあればより良いですが、ランチョンマットでも構いません。

ナプキンは、紙製のものでOKです。

ナイフとフォークの置き方に、特に決まりはありません。

アンカーの朝食セット

パンはそのままかじらずに、一口大に切って食べるのがマナーですが、朝食に出されるパンは例外です!

ウィーンの典型的な朝食に、「センメル」(ドイツ語:Semmel)というパンは欠かせません。

このセンメルは、手で小さくちぎって食べるのではなく、ナイフで横に半分に切って、バターやジャムを塗って食べるのが主流です。

 

Das grosse Gedeck (大きなテーブルセッティング)

こちらは、スープ+メインディッシュ+デザートの組み合わせか、それよりもコースが多い食事会のためのセッティングです。

食事会では必ずテーブルクロスを敷きましょう。

まず中心に飾り皿を置いて、その上に布製のナプキンを置きます。

 

ナイフやフォークは決まりに則って配置します。

ここで気をつけたいのが、最初に置く本数です。

左側には3本まで、右側には4本までを置くようにし、5コース以上になる場合は、途中で追加します。初めから全部並べておくことはしません。

そして、使う順序は、外側からになります。

スプーンはスープにだけ使い、他の料理は必ずナイフとフォークの両方を使って食べます。

デザート用のスプーンとフォークは、左右ではなくて、飾り皿の上方に置きましょう。

 

パン用のお皿(ドイツ語で Brotteller)は、左側に配置し、専用のナイフ(ドイツ語で Brotmesser)を用意します。

パンのお皿は、メインディッシュの前に片付けるのが一般的です。

インペリアルのシュニッツェル

インペリアルホテルのヴィーナー・シュニッツェル

サラダのお皿(ドイツ語でSalatteller)は、左側上方に置きます。

葉物はあらかじめ口に入る大きさに切ってあるのが理想ですが、もしレタスなどが口に入らない大きさで出された場合、ナイフで切ってから食べましょう。

オーストリアでは、多くの場合、メイン料理とサラダが一緒に出されます。典型的な例が、シュニッツェルとサラダ。

エピソード:あるオーストリア人の音楽家が、初めてアメリカツアーに行った時のことを話してくれました。レストランで肉料理を頼んで待っていたところ、サラダが出されました。サラダはメインと一緒に食べるものだと思っている彼は、サラダには手をつけずに、メインの肉料理が出されるのを待ちました。アメリカでは、サラダは前菜なので、サラダが食べ終わってからメインが出されます。そのオーストリア人は、いくら待っても肉料理が来ないので、ウェイターを呼び止めて「どれだけ待たせるのか」と聞いたら、「なぜサラダを食べないんだ?」と喧嘩になったそうです。

 

飲み物は、お客さんそれぞれに対応できるように、何種類ものグラスをテーブルに用意しておきますが、多くても一人4個まで

例)お水用のグラス、ビール、ワイン、ロングドリンク

飲むものが分かったら、使わないグラスは片付けても良いです。

 

食事会でのナプキンの使い方

ナイフとフォークの使い方

テーブルマナーのこれだけは知っておきたいこと

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-テーブルマナー, 招待する・される

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.