ダンス 舞踏会へ行こう 観光客の参加

観光客でも舞踏会に参加できる?!

ウィーンフィル舞踏会カラー

ウィーンの舞踏会は、貴族階級や大金持ちのものだと思っていませんか?

いいえ、舞踏会には誰でも行くことができます。

必要なのは、入場チケットと服装だけ!

たとえダンスが踊れなくても、大丈夫。

舞踏会には、ダンス以外にも楽しめる要素がいくつもあるんです。

舞踏会での服装についてはこちらへ。

舞踏会の服装マナー:ドレス?燕尾服?タキシード?

ドレス、タキシード、燕尾服のレンタル

 

入場チケット

舞踏会に参加するにはまず、入場チケットを手配する必要があります。

日本からでも、舞踏会のウェブサイトで申し込むことができます。

または、いくつかの舞踏会(ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の舞踏会は9月の発売早々に、狩人の舞踏会は一年前に売り切れてしまいます)以外は、舞踏会直前でもチケットが買えますし、当日券もあります(当日券は割高になります)ので、

ウィーンに着いてから窓口で購入することも可能です。

日本の旅行会社のツアーで、舞踏会がセットになっているものを申し込む方も多いです。

ウィーン国立劇場の舞踏会 Opernball オーパンバルに参加するツアーは人気です。

 

舞踏会には、ダンスの他にも楽しみがある

オープニングセレモニー

IAEA舞踏会2017年

IAEA BALL 2017

 

舞踏会は、オープニングセレモニーで幕を開けます。

まず、厳かな音楽が鳴り響き、何組もの若い男女が入場してきます。

彼らは「デビュタント」と呼ばれます。

デビュタントとして舞踏会のオープニングセレモニーで踊ることは、もともと、社交界に”デビュー”するという、成人式のような意味がありました。

今の高校生・大学生たちは、楽しみの一つとして参加しています。

もし、あなたが15/16歳〜20歳代で、未婚であれば、デビュタントとして舞踏会のオープニングセレモニーに出演することも可能です。

デビュタントの詳細はこちら

デビュタントたちに続いて、来賓客の入場と開会の祝辞があり、そのあとにオペラ歌手やバレエによる出し物を鑑賞します。

その後に、いよいよデビュタントたちが踊りを披露すると、お客さんが拍手喝采し、オープニングセレモニーが締めくくられます。

そして、舞台の上のダンス・マイスターが言う、”Alles Walzer! アレス・ヴァルツァー!”(皆さんでワルツを!)を合図に、ダンスフロアがお客さん全員に開かれます。

オープニングセレモニーは、立って観ることも可能ですが、メインホールのテーブル席を購入しておけば、グラスを片手にゆったりと鑑賞することができます。入場チケットにテーブル席は含まれていませんので、別途に購入する必要があります。

ダンス音楽

ウィーンフィル舞踏会カラー

舞踏会の会場はいくつもあり、その中でも一番多くの舞踏会が開催されるのが、ホーフブルク(王宮)です。

他に、コンツェルトハウスやラートハウス(市庁舎)、楽友協会ホールでの舞踏会もあります。

どの舞踏会でも、メインになる大きなダンスホールと、他のいくつかの部屋で、オーケストラやバンドが代わる代わるダンス音楽を生演奏します。

その中には、ウィンナーワルツだけでなく、チャチャチャ、サンバ、ルンバ、ブギウギ、スローワルツ、フォックストロット、タンゴなどもあります。

ディスコの部屋もあります。

まだダンスを習ったことがない方は、それぞれの部屋の装飾や音楽を楽しみながら、ゆったり歩くだけでも、十分に雰囲気を満喫することができます。

舞踏会でよく踊られるダンスのランキング

バー

Sachertorte

そして、小腹が空いたらバーへ!

バーには、飲み物、軽食、ケーキ、チョコレート、アイスなどがあり、こちらも皆の楽しみの一つです。

オーストリア産のワインやシャンパン、有名なザッハートルテ、ザッハーソーセージ、オーストリア・ハンガリー料理のグーラシュというスープなど、オーストリア・ウィーンの名物がずらりと並んでいます。

他にも、カジノや、ダンスの入門レッスン、慈善事業を兼ねた福引き、記念写真撮影所、即席の美容院などがあります。

女性の皆さんにとっては、他の女性のドレスを眺めるのも、楽しみの一つですね。

 

真夜中の出し物

 

Ballorchester

真夜中には、メインのダンスホールで出し物があります。

内容は舞踏会によって様々で、国立歌劇場のオペラ歌手やバレエダンサーたちのショーだったり、ポップスシンガーだったり、またオーストリアの民族舞踊が披露されることもあります。

 

そして、その後が舞踏会のクライマックス、お客さんが皆で一緒に踊る時間です。

まずは、カドリール

カドリール(またはカドリーユ)とは、フランスとイギリスが発祥の古典舞踊で、男女のカップルが列に並んで踊ります。

正面に並んだカップルと、挨拶を交わしたり、女性を交換したりといった振り付けがあります。

ちなみに、古い映画の中でよくカドリールのシーンがあります。

映画で観る舞踏会 ベスト3

 

現在ほとんどの舞踏会で踊られるカドリールは、ヨハン・シュトラウス2世のオペレッタ「こうもり」からの6つの音楽に合わせて完成された振り付けです。舞台上にダンス教師が立ち、振り付けの動きを説明しながら、音頭を取ります。ですが、お客さんのほとんどは、振り付けを知らないか、忘れてしまったか、またはシャンパンを飲みすぎたかで、間違いながら踊るので、曲が終わってふと横を見ると、知らない女性が立っていたり、男性同士で手を組んで並んでいたり・・・。そういったハプニングがあればあるほど面白いものです。カドリールは午前2時にもう一度踊られます。

その次に、ギャロップという踊りがあります。

ヨハン・シュトラウス2世作曲のポルカ・シュネル「雷鳴と稲妻」や「トリッチ・トラッチ・ポルカ」に合わせてカップルごとに走り回ります。途中カップルが並んで手を高くあげて繋ぐと、トンネルができます。その下を潜り抜けて行って、トンネルが途切れたところで、自分たちもトンネルになります。とても楽しいですので、ぜひ参加してみてください。

写真(下)はエルマイヤー・クレンツヒェン(エルマイヤー・ダンススクール主催の舞踏会)にて。

ギャロップのトンネル

そして最後にウィンナワルツで、真夜中の出し物が締めくくられます。

 

その後は、引き続きダンス音楽が演奏され、高揚した雰囲気が続きます。たとえワインを飲まなくても、酔ったような気分になります。

そして時間が経つにつれ、家路につく人が増え、会場は徐々に空いていきます。

終演の4時か5時まで踊り明かしたら、朝ごはんを食べにそのままカフェへ行く人もいます。

ダンスができればさらに楽しめる

舞踏会は誰でも参加でき、たとえまだダンスを習ったことがなくても、楽しめる要素がいくつもあります。

もちろん、事前にダンスを少しでも練習しておけば、舞踏会をさらに楽しむことができます。

ウィーンのダンス学校では、誰でも舞踏会ですぐに踊れるようにレッスンを行っていますので、ぜひウィーンでレッスンを受けてみてくださいね。

日本で習ったダンスはウィーンで通用しない?!

舞踏会の一夜のスマートな過ごし方

ホテル料金比較サイト【ホテルズコンバインド】

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-ダンス, 舞踏会へ行こう, 観光客の参加

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.