その他 エピソード

燕尾服のシャツは「父親殺し」?!

 

Knize Frack

燕尾服のシャツの襟は立ち襟になっていて、ドイツ語で Stehkragen と言いますが、

それには別名があって、Vatermörder「父親殺し」とも呼ばれています。

どうしてこんな別名がついたのでしょうか?

 

この立ち襟の形は19世紀にフランスで考案され、

フランス語で ”parasite”(居候、寄食者)という言葉で呼ばれていました。

この名前の由来は不明で、

「立ち襟の部分を他のシャツに付けて使い回しできたから」

という説と、

「食事の際に襟先を汚してしまいがちで、襟が寄食しているイメージでこの名が付いた」

という説があります。

 

ドイツ人がフランスでこの立ち襟に出会ったとき、

フランス語の parasite

parricide(親殺し)

と聞き間違えてしまいます。

そして、男性が着るものなので、母親を除いて

Vatermörder(父親殺し)

という呼び名になったそうです。

 

さらに後から、「父親殺し」という名前の由来がこじつけられました。

より科学的な理由付けとしては、

「立ち襟は硬い生地でできていて、身につけると首がぎゅっと押され、皮膚に食い込む。

頸動脈が圧されることで、反射性の血圧降下が引き起こされ、めまいと血液循環虚脱が伴い、死に至ることもあり得る・・・」

というもの。

もう一つは、

「ある息子が故郷に帰ってきて、喜びのあまり父親に抱きついてキスをしたところ、立ち襟の先が父親の目に刺さって、死に至らしめた・・・」

という説です。

くわばら、くわばら。

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-その他, エピソード

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.