その他 ウィーンのダンススクール

「マイスター」になるには

ワーグナーが作曲したオペラの一つに「ニュルンベルクのマイスタージンガー」があります。

「マイスター」(ドイツ語:Meister)制度というのは、ドイツ語圏で古くからある高等職業能力資格認定制度で、

オペラの中には、靴屋、金細工師、パン屋、仕立て屋などのマイスターたちが登場します。

オーストリアでは今でも、マイスター制度がしっかりと残っています。

オペラにも登場する職業はもちろん、手工業者、家具職人、電気・水道・ガスなどの取り付け職人、建築士、床屋、煙突掃除人など、いろいろな職業にマイスターが存在します。

 

その中に、ダンス教師のマイスター(ドイツ語:Tanzmeister)もいます。

ウィーンでダンススクールを開校し運営するには、この「タンツ・マイスター」の称号が必須になります。

マイスターになるための研修と試験を受けるためには、まずダンス教師(ドイツ語:Tanzlehrer)の国家資格を取る必要があります。

ダンス教師になるための国家試験については、こちらをご覧ください。

ウィーンでダンスの先生になる為の国家試験

 

ダンス教師のマイスター課程は、7時間 ×7回の授業と、ビジネスプランの作成、筆記試験からなります。

授業と試験の内容は、

  • 経営学
  • 消費者基本法
  • 損害補償義務
  • 営業法規
  • データ保護法
  • Eコマース
  • 労働法
  • ビジネスプラン(提出&プレゼンテーション)
  • 簿記
  • 企業経営
  • マネージメント
  • マーケティング

などがあります。

 

私は2020年10月からマイスター課程の授業を受けました。

筆記試験では、「○○を説明しなさい」とか「○○との違いはなんですか」のような記述を求める問題がほとんどで、120分の制限時間いっぱい、高速で書き続けないと終わらない程の量でした。

これに加えて2年間の実務経験を経たあとに、ついにマイスターの称号が与えられます。

 

マイスター課程で法律や経済の専門用語をたくさん学んだおかげで、ニュースを見ていても理解度が高まりました。

マイスターの証明書がどんなものか楽しみです。



🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-その他, ウィーンのダンススクール

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.