ダンス

ダンスのカテゴリー「スタンダード」と「ラテン」とは

ウィーンの舞踏会で踊られるダンスは、ウィンナワルツだけではありません。演奏される音楽によって、10種類以上のダンスが踊られます。これらのダンスは、「スタンダード」と「ラテン」という2つのカテゴリーに分けることができます。

ダンスの2つのカテゴリー

  1. “スタンダード“ Standard Tänze
  • スローワルツ Langsamer Walzer
  • タンゴ Tango
  • ウィンナワルツ Wiener Walzer
  • フォックストロット Foxtrott
  • クイックステップ Quickstepp

2.   ”ラテン“ Latein/Lateinamerikanische Tänze

  • チャチャチャ Cha Cha Cha
  • サンバ Samba
  • ルンバ Rumba
  • パソドブレ Paso doble
  • ジャイブ/ブギー Jive/Boogie

舞踏会でよく踊られるダンスのランキング

スタンダードとラテンの違い

ダンスホールド Tanzhaltung の違い

スタンダードのダンスを踊る時は、身体をパートナーと密接させて踊ります。ドイツ語で、enge Tanzhaltung と言います。真正面に立ったのでは、相手の足を踏んでしまいますので、右足が相手の足の間に位置するように、少し左へずれて立ちます。

男性の左手は、女性の目の高さに保持され、親指と人差し指の間を、女性に持たせます。男性の右手は、女性の左肩甲骨の下の方を優しくホールドします。女性は、左手で男性の上腕の上を持ちます。目線は合わせずに、左の方を見ましょう。

ラテンのダンスを踊る時は、パートナーと間隔を空けてホールドを組みます。ドイツ語で、weite Tanzhaltung と言います。手の位置は、スタンダートと同じです。

フットワーク Fusstechnik の違い

スタンダードでは、前進するステップで、歩くときのように踵からステップします。ドイツ語でFersenschrittと言います。ラテンでは、ほとんどの場合、爪先からステップします。ドイツ語でBallenschrittと言います。

テクニック Technik の違い

ステップに慣れてきたら、テクニックを学んでもう1ランク上のダンスを目指しましょう。スタンダードでは、膝を伸ばしきることはせずに、常にリラックスさせておきます。逆に、ラテンでは、膝を伸ばします。ヒップアクションも、ラテンダンスの特徴です。

舞踏会でもう困らない!ダンス音楽の聞き分け方

その他のダンス

この2つのカテゴリー以外で、舞踏会で踊られるダンスに、カドリールQuadrilleとギャロップGaloppがあります。舞踏会によっては、サルサやマンボが演奏されることもあります。これらは「ラテン」の仲間です。ディスコの部屋では、もちろんディスコ用の音楽が大音量で演奏されます。

 

ウィーンのダンスシューズのお店

🔻こちらにお名前とメールアドレスを入力してお受け取りください。無料です。

-ダンス

Copyright© ウィーン通信 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.